ボルドー最初の橋 ピエール橋

月の港と呼ばれるボルドー。街の中心を流れるのはガロンヌ川です。

そこにかかる美しい橋が、ピエール橋(Pont de Pierre)です。ナポレオン・ボナパルトの命令で1810年から1822年にかけて作られました。

レンガでできたアーチはNapoléon Bonaparteの字数の17個で、それぞれに皇帝を記念したメダリオンが付いています。

この橋は1965年にサン・ジャン橋(Pont Saint Jean)ができるまではガロンヌ川に架かる唯一の橋だったそう。

目の前に見えている対岸とはいえ、昔は遠い場所だったんですね~😱

トラムもこの橋の上を通っています。現在は一般車両は通行禁止です。

ピエール橋はブルゴーニュ門の正面から延びています。

右岸のバスティッド側にはこんなモニュメントがあります。

高さ6メートルもある青いライオンです。リヨン出身の芸術家の作だそうです。橋の反対側からも見えます。結構インパクトがあります。

このブログをシェアする:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください