ボルドーから南仏へ 12 カルカソンヌの宿

カルカソンヌでの宿泊もやはり、シャンブルドット(B&B Demeure Saint Louis)です。

こちらでは1泊だけなので、《シテ》まで歩いていける便利な場所を選びました。

なかなかりっぱなお屋敷です。

部屋に辿り着くまでいくつも扉があり、ちょっとした前室❓も通っていきます。まるで小さな宮殿です。

案内してもらった部屋からは《シテ》も見えました。

なんと自分達の部屋以外にお隣に自由に使えるサロン(日本でいう居間です)も付いているんです。こちらのサロンは同じ階のもうひとつの部屋のお客さんと共有なんですが、今回は私達の独占でした。

一晩しかできないのが残念でした💦

朝食用のお部屋も素敵です。

翌朝は下町のバスティード・サン・ルイ(Bastide Saint-Louis)の散策に出掛けました。

下町はオード川(Aude)を挟んで反対側にあります。これは旧橋、ポン・ヴィユー(Pont Vieuex)です。振り向くと《シテ》がそびえ立っています。

この下町地区も《シテ》同様、13世紀に整備されたものです。

お散歩にはちょうど良い町です。ちょっと面白い、こんなだまし絵もありました。

さぁ、とうとうボルドーに戻らなければ・・・💖

 

クリックお願いします!