絶景のピラ砂丘

ボルドーから一番身近なリゾート地、アルカションのもう一つのおススメスポットはピラ砂丘(La Dune du Pilat)。ヨーロッパ最大の砂丘です。

アルカションの町からは10キロくらい離れているので歩いて行くのはちょっと無理です。なのでバスで向かったのですが、このバスの便が少なくて後で泣くことになってしまいました・・💦

バスを降りて砂丘に近づくと、だんだんスニーカーでの歩行が困難になってきました。みんな靴を脱いで進みます。そしてようやく砂丘が見えました。

ピラ砂丘は高さが100メートルなんです。写真で見るより、角度があります😱巨大な砂山です。砂の斜面を登る元気な人、階段もあるのでそちらを選ぶ人。私達はもちろん階段です。

とは言え、本当にきつい~😫

私、平地だといくらでも歩けるんですが、階段って苦手なんです。

でも頑張って登りきるとこんな景色です。

右は大西洋、左は遠くまで続く森。素晴らしい景色です。

坂を転がって遊ぶ子供達やワンコ(また登るなんて私には無理です)遠~くまで散策する人、といろいろですが、私はもうこのあたりでじゅうぶんです。ともかく一足ごとに砂に埋まるので歩くのが大変😅

真夏は海岸へ降りて海水浴する家族で賑わうそう。

景色を堪能して砂丘を後にしました。

さあ、バスに乗って町に戻りましょうとバス停に行くとだ~れも待っていません。あれ❓行きのバスは大勢人が乗っていたのに・・・

なんとバスの時間を間違っていて、とっくに出た後でした。そして次のバスは2時間くらい後しかありません😱

このあたりはピラ砂丘しかなくて、お茶を飲んだりできるところもお土産物屋さんを兼ねたお店1軒だけなのに・・・

結局、頑張って歩きました💦

アルカションの町まで、ではありません。30分くらい歩くと、ちょっと素敵なホテルのレストラン(Etche Ona)を見つけたのでそこでお昼を食べ、今度はちゃんとバスに乗って町まで戻ることができました。

田舎の公共交通機関は便が少ないし、平日・土曜日・日祝日とスケジュールも変わるので本当に注意が必要です。しかもどういう理由かわかりませんが、確かに時刻表には書いてあるのに運行してない、なんてこともあるんです😰

今回は途中で見かけたお家が素敵だったし、レストランもなかなかだったので結果オーライです😄

そして、ピラ砂丘は想像通りとっても雄大で感動でした💖

アルカション湾、ピラ砂丘やキャップ・フェレが舞台のフランス映画《君のいないサマーデイズ》何回か見てるうちに笑えるようになりました。

このブログをシェアする:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください