リヨン 中央市場

リヨンでの夕食で食べたチーズがあまりに美味しかったので、そのチーズをお土産に買って帰ることにしました。

そこで訪れたのは、現在のリヨンの中心地であり中央駅の役割を担うパール・デュー駅の近くにある市場です。

その名もリヨンの中央市場、レ・アール・ド・リヨン・ポール・ボキューズ(Les Halles de Lyon Paul Bocuse)です。

なんだかとっても長い名前ですが、もともとあった中央市場を2004年から2年かけてリニューアルした時、リヨンが生んだフランス料理界の巨匠の名前が付けられたんです。

中はとってもおしゃれです。今までいろんな所で見て来たいわゆる《庶民の台所》というような市場ではなく、ちょっと洗練されたデパ地下のような場所なんです。

昨晩のブションのマダムが、私達が絶賛したチーズをここで買うことができると教えてくれたんです。

あっ❗ありました。このお店、メール・リシャールです。安い。1個3ユーロです。他にも美味しそうなチーズがいっぱい💖

こちら、メール・リシャールのサン・マルスラン(Saint Marcellin)は、ポール・ボキューズさんもおススメで人気に火が付いたそう。そうでしょう、そうでしょう、私達も一口食べて感動したんですから・・・

市場の中には、他にも美味しそうなものがたくさん並んでいます。

リヨン名物のソーセージは、種類もたくさんでどれを選んでいいのか悩みます。お店の人に特におススメを聞いて、赤いネットに入った大きなものをお買い上げ~😆

野菜やフルーツもきれいに並んでいます。

高級鶏肉のブレス鶏も・・・。

イートインできる場所もいっぱいあります。

お惣菜屋さんもどれも食べてみたい😋

人も多かったけど、見ているだけで豊かな気持ちになれそうなところでした。こんな市場が近くにあったらどんなにいいかしら、と思っちゃいました。

市場の入り口にはポール・ボキューズさんに敬意をこめた写真が・・・。

そういえばいろんなお店にもボキューズさんと一緒の写真があったり、彼の言葉を額にして掛けてあったり、みんなに慕われていたんですね~。

私も改めて、ご冥福を祈りました。

ここを押して頂けると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください