ビアリッツ

昨年、バスクを初めて訪れた時も立ち寄ったビアリッツ。今回も行きました。この日は前回とは違って快晴です。

海岸のリゾート地にとっては最高❗

ビアリッツはナポレオン3世が王妃ウージェニーのために別荘を建てたことから、人気のリゾート地に発展していきました。ということで、今は高級ホテル《オテル デュ パレ》となったかつてのお城でランチをしようというのが今回の私の目論見。オドレイ・トゥトゥの映画《プライスレス 素敵な恋の見つけ方》でも舞台の一つになっていた、パラスホテルです。

《Villa Eugenie》という、ミシュラン1つ星を獲得している素敵なレストランもありますが、今回はカフェで軽食かお茶とお菓子だけでもいいなぁと思っていたので予約はあえてしませんでした。

ところが、車で近づいてみるとちょっと様子が変。入り口は工事中で入れないし、別の入り口を探してホテルの周りを一周しても入れる道はない😱建物を良く見てみると工事用カバーが全体を覆っています❗

改めて調べてみるとなんと、全面改装中でクローズしていたんです😭

がっかりだし、私としたことが下調べが足りなかった・・・

まぁ、やってないものはしょうがないので、海岸でとにかくランチです。豪華なインテリアを眺めながらの優雅なお昼、とはいかなかったけど、この日はとにかくお天気が良かったので、美しい海を見ながらの食事は十分リゾート地ビアリッツを体感できました❣

食後は海岸を散策です。ビアリッツは結構起伏がある地形です。有名な観光スポットである《聖母の岩》までは結構距離もあります。

ということで、今回は母と妹も一緒なので観光地ではおなじみの、プチトランに乗ることにしました😊

これ結構おススメです。前回私達が行った場所よりもっと奥まで連れて行ってくれました。途中下車はできないので、動いているプチトランからの眺めですが、のんびり行ってくれるし、楽ちんでビアリッツを楽しむことができました。

ひとつだけ残念な点は、音声ガイダンスに日本語がないこと。日本人でここまで来る人はそんなにいないんでしょうね~。アジア系の言語は、まったくありません。

ぜひ、フランス語か英語でチャレンジしてみてください。

ビアリッツは今年、2019年8月にサミットも開かれます。

 

このブログをシェアする:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください