バスクの旅はバスがおススメ

3日間のサン・セバスチャンの滞在を満喫し、いよいよフランス側に移動です。時々雨に降られることもありましたが、ラストの日も夕方にはこんな素敵な光景が見られました。

さぁ、国境越えもやっぱりバスです。

昨年、長期に渡ってとんでもないストを行っていたフランス国有鉄道(SNCF)。そのせいで、はからずもバスを利用した私たちでした。この時は払い戻し問題も発生して、本当にムッとしたのですが、今回はこの時の経験が役に立ちました。だってよ~く考えてみると女3人、荷物を持っての移動は鉄道よりバスのほうが楽ちんです。

このルートで鉄道を使うと、国境のアンダイエで乗り継ぎだし、駅にはエレベーターとかエスカレーターがあった記憶はありません。

この日にレンタカーで来るダーリンと待ち合わせだし・・・アクシデントなんかがあってもお互いゆっくり待てる場所で、駐車場も近くにあるところ・・・。時刻表なんかとにらめっこして(スペインからフランスは複数のバス会社がいろいろなルートで運行しています)出した結論は、ビアリッツ空港で落ち合うというもの。《PESA》というバス会社を利用しました。この会社が一番路線も本数も多いようです。

空港にお昼近くに到着する便を見つけました。ここならボルドーから出発するダーリンにとっても丁度良い距離です。高速の側だし、もちろん駐車場は広々~。小さい空港だけどカフェくらいはある😆

これ見つけた時、ガッツポーズしちゃいましたよ~。この日はサン・ジャン・ド・リュズに宿泊予定だけど、そこまでの丁度いい時間のバスはなかったんですよね~💦

結果的にこれは大成功。荷物の移動は楽々だし・・・

そうそう私達がバスから荷物を降ろすのに手間どっていたら、同じようにバスを降りたムシューがカートを持って来てくれたんですよ~。ここのカートはコインを入れるタイプだったので、あわててお財布を出そうとしてたら、にっこり手を振ってさっさと行ってしまいました。な~んて素敵な男性❣日本の男性にも見習ってほしい。このスマートさ❗

のんびり座っていたら、直ぐにダーリンも到着。空港なのでWiFiも完備だしね💖

さ~て、この後はここから15分のビアリッツに向かいます🏄

このブログをシェアする:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください