サン・セバスチャン バル巡り

サン・セバスチャンに行った私が一番楽しみにしていたのが、バル巡り

到着直後のお昼から、旧市街にあるバル街に繰り出しました。

スペインのバルは日本の居酒屋のようなもので、基本は立ち飲みです。特にサン・セバスチャンで有名なのは、ピンチョと呼ばれるおつまみ。

ピンチョは串という意味です。バゲットに乗せ、串にさしてあるものが多いです。他にもいろんなタイプのピンチョがあるみたい。楽しみです💖

1軒目に行ったのは《Bar Sport》

まずは、バスク名物のお酒チャコリで乾杯です。チャコリは微発泡の白ワイン。高い所から注いでくれます。(写真は次に行ったバル《Atari》での様子です)

ここではイカを焼いたものと、フォアグラを注文。カウンターには沢山ピンチョが並んでいますが、おススメを注文して出来立てを食べます。

ここのフォアグラ、最高でした。

このシステムってちょっと回転寿司と似ています。回っているものもあるけど、好きなものを注文して食べる・・ってところが😆

注文の品を待つ間に並んでいるものも食べたくなるんですよね~。

バルに入ってビックリしたのが日本人の多いこと。こんなに狭い空間に大勢の日本人を見かけるのは久しぶりです。

でも初めてのバルで出会った、すでに数日バル巡りをしているというご夫婦からおススメを聞いたり、お互い情報交換できて面白かった👍

美味しそうなものはもっといろいろあったけど、バルは1,2品つまんでまた別のお店をはしごするのがスタイルなので、ここでいったんお店を出ます。

次に行ったのは《Atari》サンタ・マリア教会の目の前にある、ちょっとオシャレなカフェ風な外観のお店です。

こちらではカニマヨ風やブラックソーセージのピンチョ、お魚3点盛りなどをいただきました。

そして3軒目、《Tabema Aralar》です。

こちらも定番のメニュー、コロッケやチョリソーとともにやはりチャコリ😆

お昼から3軒、行っちゃいました。

夜は《Gandarias》ここ、特に日本人率が高かった~。なんだか東京にあるお店に来たみたい。こちらではマッシュルームと生ハムのピンチョとソロミージョ(ステーキ)を。このソロミージョが絶品でした。でもここ本当に激込みです。人気なんですね~。

お次は《Goiz Argi》けっこう渋いお店です。

でもエビは期待通り、美味しかった~。ピメント(トウガラシ)の素揚げこれも最高です。でも量が多い❗

そうそう、バルには紙ナプキンがいろんなことろに置いてあって、これを使ったあとは床に捨てるのがお約束です。人気のお店のカウンターの下にはたくさん捨てられています。

デザートは《La Viña》のチーズケーキです。こちらのお店、パティスリーではありません。バルなんです。ピンチョなんかももちろんあるけど、一番人気なのはこのチーズケーキ。私達は宿に持ち帰って食べました。

ケーキ好きのダーリンが1人1個だと主張するので、2個買いましたが、1人分が2切れで合計4個、やっぱり大きい❗でも中身がフワフワでちょっとプリンのような感じでペロリと食べてしまいました😅

こちらのチーズケーキ翌日も、と訪ねましたが、特に定休日でもなかったのに閉まっていました。他のお店でもこういったことが時々あるようなので、本当に行きたいお店にはすぐに行くべきです。

翌日伺ったのは《Borda Berri》

こちらでは豚バラの焼いたものとリゾットを注文です。リゾットは米ではなく、米粒状のパスタを使ったもの。チーズが濃厚でした。両方とも満足。

《La Cuchara de San Telmo》大人気だというこのお店には開店前から並びました。こちらのお店には作り置きのピンチョはまったく無く、すべて注文するスタイル。なので出てくるまで、ちょっと時間がかかります。そしてお店の中は満員電車並みの込み具合。

いただいたのは、フォアグラとイカの焼いたもの。他のお店より、1品が大きくて食べ応えがあります。両方ともソースも凝っていて、高級なお店でいただくクオリティーです。バゲットも別についてきます。

最後に行ったのが《Sirimiri Gastroleku》こちらではチャコリではなく、サングリアをいただきました。自宅でも手作りしていたダーリン。スペインでは是非サングリアを飲みたいと言ってたんです。

そして、イベリコ豚のソテーを注文です。

こちらのお店は他ほど込み合っていなかったので、なんだかのんびりしちゃいました。対応してくれた女性も可愛くて感じが良かったし・・・。ダーリンはここが一番気に入ったなんて言ってました🤣

そうそう、バルで働く人達はおじさん率が高かったんです。

ということでここで我が家のバル巡りは終了となりました。本当はもう1軒くらい行きたかったけど・・・いつの日かまた来たいな~。

このブログをシェアする: