音楽の日《Fete de la musique》

6月21日は、フランスでは音楽の日《Fête de la musique》でした。

1982年に始まったフランス各地で行われるお祭りです。毎年1年で1番昼の時間が長い、夏至(6月21日)に合わせて開催されます。ジャンルやプロ・アマチュアを問わず、皆で音楽を聴いて、演奏して、楽しむお祭りです。

会場も広場や一般の路上、美術館の中などいろいろなところで行われているらしいです。

語学学校の授業で「そんなイベントがあるんだ~」と初めて知りました。

昨日は日中はちょっとお出かけでボルドーにはいませんでしたが、夜が本番と聞き夕食後に旧市街に行ってみました。

グランドテアトル(オペラ座)があるコメディー広場はロックをやっていました。あっ❗写真に写っている時計は狂っています。この時の時間はすでに夜9時くらい😅

トラムも運休です。なにかイベントがあると公共交通機関もお休みしちゃうのがフランスっぽい😅夕方からはトラムA・B線は動いていません。

インフォメーションでもらった、地図兼パンフレットを見ながら歩いてみました。

どこも大音量です。夜の路上はロック系が多くてビールを片手に聞いたり、踊ったりともかく若者が多い。

数年前まではこの騒ぎが明け方の4時とか5時まで続いてご近所の人達は大変だったそうですが、昨年あたりからは夜中の1時くらいまでと規制されたそうです😆

音を体験していただけないのが残念ですが、どこもかしこも本当に凄い音量だったんです。これは興味のない人には拷問のようでしょうね💦

もう、旧市街は街中が《クラブ》❓という状態。

ブラスバンドのチームもいました。周りの人達も一緒に合唱してました。

カイヨー門の下には、本格的なステージができていました。

このステージの近くの建物では、バスク地方のコミュニティ―の人達が民族音楽で盛り上がっていました。

めずらしい~女性のシニアの方がDJをやっていました。ここでは車椅子の男性が車椅子をクルクル回したり、半分持ち上げたり、ノリノリで踊っていました。

カメラを向けたらこの笑顔。普段から車椅子の人達は良く見かけますが、こんなところはとっても良いな~と思います。

後でパンフレットをちゃんと見ると、教会や美術館ではクラシックなんかもやっていたようです。それは聞き逃しちゃいました😅

私達は11時頃退散しました。みんなは何時頃まで盛り上がっていたのかな~。翌日も一応平日なんですけどね~😆

このブログをシェアする:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください