行列ができるレストラン

何かにつけ、のんびりしたボルドーの街ですが、昼も夜も行列ができるレストランが1軒あります。

それが、《L’Entrecôte》ずばりリブステーキのお店です。予約不可なので、いつ見ても店の前は入店を待つ人達の長い列ができています。

でも店内は広く、3階まであるので開店前に行くと、たいていすぐに座ることができます。

メニューは1種類のみ。クルミ入りサラダと170グラムのステーキ、フライドポテトのセットです。

デザートと飲み物は何種類かありますが、飲み物もほとんどの人達が、このお店のラベルを貼ったハウスワインを注文します。

なので席に案内されると、お肉の焼き加減だけ聞かれます。知らずに入店した観光客はちょっと戸惑うことも・・・😅

ステーキはフランスらしく赤身ですが、薄くカットされているのでとても食べやすいです。ちょっと牛のたたきのようなかんじ。

ソースにお店のこだわりがあり、私もこれが大好き。フランスで食べる一般的なステーキでレアなんて注文すると、本当に血が滴るかんじで出てきますが、ここではお肉が薄いせいか、レアがとっても柔らかくて美味しいのも特徴です。

お皿に一人づつポテトと盛り合わせされますが、量が多いので温めたお皿に残りのお肉が乗せられています。

ポテトは食べ放題、少し減るとウェートレスさんが『いかがですか?』と持って来てくれます。食べ過ぎに注意です😱

パリにもよく似たお店《Le Relais de l’Entrecôte》があるのですが、調べてみるとパリのお店のオーナーの息子さんが、パリの開店3年後にトゥールーズで始めたお店でした。もう60年くらいの歴史があるお店です。名前はちょっと違うけれど、姉妹店ということですね。

ホームページよりお借りしました。

《L’Entrecôte》はナント、モンペリエリヨンにもあります。

昼、夜お値段も一緒の19ユーロと外食がお高いフランスでは、とっても良心的なお店。活気があってお店の雰囲気も良いので、日本から遊びに来た友人ともよく訪れるお店です。

押して頂けると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.