最後に訪ねた町 ベルジュラック

帰国が決まってボルドーに居られるのもあとわずか・・・となった私。ちょっとあせりました💦いやいや、まだ行きたかった場所はいっぱいあったのに・・・

時間もお金もあまり余裕はないけど、最後になんとか日帰りで行ったところが、ベルジュラック(Bergerac)です。

ボルドーから列車で2時間くらい、以前訪れたペリグーと同じドルドーニュ県にある町です。(その時の記事はこちら

ドルドーニュ川が町の中を流れる、緑が美しいところです。ワインでも有名です。ボルドーと同じような品種を使って作られていますが、知名度が今一つ低いためお手頃価格のものが多いんです。

駅を降りて、のんびり町歩きです。この日は日曜日なので閉まっているお店が多いかな。

町のあちこちがお花で飾られていて良い感じ💖いかにも町の人の手作りといった風でほっこりします。

旧市街は入り組んだ石畳がなんとも言えず素敵です。

日曜日のせいか、それともいつもこんな感じなのか、とっても静かです。

教会の裏に回るといきなりこの景色・・・

フェンシングです。見物している人に聞いてみるとこの日は年に一度の、この地方の大会なんだとか。

《大会》とは言ってもこんな屋外で行われるんですね~。

それほど広くない広場に大勢の人達が一斉に試合をしていました。テレビでは見たことがあったけど実際に見るのは初めて。でも、見ていてもどっちが勝ったのかちっともわからない😅

お散歩しているうちにお昼時になりました。

どこで食べようか、いろいろお店を見て回ります。小さな旧市街だけど、レストランの数はたくさんです。さっきのフェンシングの大会の人達も大勢でランチのようでした。

この町も鴨が名物。

レストランがかたまってある場所から少し離れた、地元の人しか来なさそうなお店を発見。ここに決めました。

ワインは地元の物をお願いしました。

食べているのはお年寄りが多い😅知り合いじゃなくてもお隣の席同志で会話したり。

私達の隣の席で食事をしていたご夫婦は、帰りにまだ残っていたワインを良かったら、と言ってくれました。ボトル1本注文していたのでまだ結構余っていたんです。ブルゴーニュのワインだよと説明してくれ、良い旅をと言い残して、ご自宅に戻って行きました。

食べていると、「ボナ・ペティ(美味しく食べてね)」と道を歩く地元の人から声を掛けられたり、頂いたワインも美味しかったけど、こんな地元の人とのふれあいがとっても嬉しいです💖

デザートは近くの村で作られるイチゴを使ったものです。

ますます、この町が好きになっちゃいました。(続きはまた次回・・・)

このブログをシェアする:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください