リゾートの街 ビアリッツ

サン・セバスチャン、サン・ジャン・ド・リュズとバスクの町を楽しんだ私達が最後に行ったのが、ビアリッツ(Biarritz)です。

ここは19世紀にナポレオン3世が妻のウージェニーのために宮殿を作ったことから、王侯貴族たちのリゾート地として有名になった場所です。

サン・ジャン・ド・リュズからは電車での移動でしたが、駅から街の中心まではちょっと距離があります。

ということで、路線バスに乗りました。往復チケットが2ユーロです。(1日券も2ユーロなので、こちらがおススメです。チケットはバスの運転手さんから買えます)ビアリッツのバスはバスクリネンと同じような柄なんです。カラフルでとってもかわいい💖

時期的に海水浴にはまだ早いです。海岸沿いは豪華で巨大な建物ばかりでした。

海を見ながら歩いてみました。

砂浜ならではのパフォーマーもいました。遊歩道が高い所にあるので、上から見渡すことが出来るので面白い~。

海岸は砂浜だったり、岩場があったり変化に富んでいます。このテラスもお天気が良かったら気持ちよさそう。

もう少し歩いていくと、ビアリッツの観光名所である《聖母の岩》が見えてきました。ナポレオン3世によって、海の安全を願って建てられました。

像が建っているのは、岸から離れた島です。橋が架かっていて、歩いて行けます。なんてことない橋なんですが、実はあのエッフェル塔でも有名なギュスターブ・エッフェル設計の橋なんだとか。(写真にはほとんど橋は映っていませんが・・・)

この辺りは、岩が多くてちょと入り組んでいます。

そうそう、ビアリッツはヨーロッパ屈指のサーフィンの街でもあります。

海でも街でもサーファーを大勢見かけました。

デパートもあれば、ちょっと可愛いお店があったりもします。

ビアリッツは思っていたより大きな街でした。私はサン・ジャン・ド・リュズくらいの町のほうが好きです。

今回のバスク巡りは海辺の街ばかりでしたが、バスクは山側にも素敵な町がいくつもあります。

次回はそんな町を訪ねてみたいな~。

クリックお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください