メーデー対策

スペイン、フランス両国にまたがるバスク地方の旅も終了です。帰国便はパリ、シャルルドゴール空港からです。

母と妹は一日先に帰国です。私達夫婦はダーリンが遅れて参加ということもあり、もう一泊することにしていました。

いろいろと調整しながら旅行スケジュールを練ったのですが、一つ問題が発生😫

それはメーデー問題です。メーデーは労働者の祝日。働いている人は自宅でゆっくりしたり、デモに参加したり・・・。

ボルドーではバスもトラムも動きません。お店やスーパーさえお休みです。そんな状況なのでタクシーの手配も難しい。

飛行機は飛ぶはずですが、空港職員なんかが足りなくなって遅延とか国内線なんかだと、最悪の場合は運休なんてことも視野にいれておいたほうがいいかも・・・

こんな状況が心配されるんです。メーデーの事は知っていたのに間が悪くラストの日がバッチリ重なってしまいました💦

本当はボルドーにもう一泊したかったのですが、1日早めにパリに移動することにしました。

ホテルは行きと同じく空港内のシェラトンです。

パリのメーデー当日の状況はあまり分からなかったのですが、空港内の宿泊であれば何かあっても、帰国に関してはバッチリのはず。

帰国便は夜出発なので、ほぼ1日余裕があります。パリでは交通機関はそれほど問題はないようでした。

とは言え、美術館や博物館はほとんど閉まっています。もともと今回はパリに立寄る予定ではなかったので、空港内の観光案内所に相談に行きました。

おススメされたのは《シャンティイ城》私も目星をつけていた場所です。

ということで、今回の旅の最後の日5月1日は《シャンティイ城》に行ってみることにしました。

 

 

このブログをシェアする:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください