ボルドー 到着 !

ビザのための必要書類が整った私達は大使館では大した苦労もせず、無事ビジタービザを貰うことが出来ました。

フランスに行こう❗️と思いついてから、ほぼ半年での渡仏です。

これでしばらく日本とはお別れ! 私達を見送ってくれるようにバッチリ富士山も拝むことができました😆

パリのシャルルドゴール空港に到着したのは早朝の4時。 空港内もまだ眠っているようです。パリのモンパルナス駅からTGV に乗ってボルドーまでは2時間です。

実はせっかくパリを経由するなら、ちょっとルーブル美術館も行きたい、なんて貪欲なスケジュールを組んだため、ボルドーに到着したのはその日の夕方。

出発してからなんと36時間 !

紆余曲折しホームステイを選んだ私達でしたが、(その時のエピソードはこちら)どういった家庭が受け入れてくれるのか情報が来たのは出発の直前でした😨

せっかくホームステイするので、夫婦それぞれ、別々の家庭でお世話になってみることにしました。
何しろホームステイはたったの9週間。1人で家庭に飛び込んだ方が語学学習にも、フランス生活に馴染むのにも最適じゃない?
それに、2軒の家庭を体験できるなんて2倍美味しい❗️ なんてあくまでお気楽に考えた私です😆

この写真は後日改めて撮影しました😜

さてボルドーの駅のホームに降り立った私の前にはちょっと体格の良い元気なマダムと、対照的にと〜ってもスリムなマダムが待っていてくれました。
このお二人が住む家が私のホームステイ先です。

ボルドー第1日目の夕食は庭のテーブルでみんなでいただきました。

2人のマダムのうち、体格の良い元気なマダム・ベルがこの家の主人 。スリムなマダム・アンはこの家に同居しているマダム・ベルの従姉妹でした。(実はこの関係を私が理解したのはそれから1ヶ月くらい後のことでした😅)

マダム・ベルの息子夫婦と彼等の8才のひとり息子 ガブリエル君。高校生の長女アリオナ、そして数週間前からステイしている中国人の女の子 オリビエ(これは彼女が名乗ったフレンチネーム😆)そして私です。

総勢8名の夕食。その内6名のフランス人。ともかく、みんな喋る、喋る。そのマシンガントークたるや❗️❗️

最初のカルチャーショックです。そして私はまったく何一つ理解できません💦
夕食開始時間が20:00、デザートが終わったのが21:30くらい。そうそう、家庭の食事もちゃんと前菜、メイン、チーズ、デザートの順番で出てきました😉

もう ヘ ト ヘ ト です🤢

一体これからどうなるやら。
疲れて眠いはずなのに、時差ボケか夜中に何度も何度も目が覚めます。

明日からはいよいよ語学学校も始まります。ここに来て急に不安になって来ました💦

このブログをシェアする:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください