ボルドーもうひとつの城

昨日はモンテスキューの城をご紹介しましたが、ボルドー近郊にはまだまだかつての城が残っています。

今回ご紹介するのはモンテスキューの城より、もう少しボルドーから離れた場所にある Château de Roquetaillade です。

ここは11世紀に作られたお城です。14世紀まで少しづつ広げられ今の形になったそうです。

このお城もガイドツアーの参加のみ、内部を見ることができます。

700年に渡って同じ家族の所有だそうで、なんと今も住んでいるそうです。なので、お城の中は写真撮影禁止でした。

内装が素敵だったので絵はがきを購入しました。

どのお部屋も素敵です。

城の周りは堀があり、外からの出入りはいくつかある橋を渡ることになります。橋の最後の部分、屋敷に入るところは城の中から可動式の跳ね橋を降ろします。

実際に部屋の中から、見学者の代表が鎖を引っ張って、跳ね橋を降ろしてみるデモンストレーションも行われました。歴史ものの映画で見るような仕掛けで、すっごく面白かった~。私も鎖引っ張ってみたかった😆

フランスにはこんなお城がまだまだいっぱい残っています。そして、ビックリすることに、いまだに誰かの所有で住んでいたりもするんです。

とは言え、維持費は莫大です。結婚式やイベントに貸し出したり、今回のお城のように一般の人達に一部を見せたりホテルにしたり、といろいろな工夫もされているようです。

このブログをシェアする:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください