シャルル・ド・ゴール空港でステイ

バスク旅の始まりです。でも目的地はなかなか遠い。

私達は現在福岡に住んでいるので、まずは羽田空港まで飛んで最初の乗り継ぎです。

マイルを貯めだしたご縁で、私達はJAL派です。お昼前に羽田空港を出発するので、シャルル・ド・ゴール空港でヨーロッパの他の都市に乗り継ぐと、どうしても現地入りは夜遅くになってしまいます。

今回は母と一緒なので、全体的に余裕をもったスケジュールを組みました。なにしろ、私の計画する旅は『せっかく行くなら・・・』とあれもこれもと詰め込み気味😅 (こういう所は典型的なザ・日本人です)

そこで、シャルル・ド・ゴール空港で1泊し、しっかり飛行機での長時間の旅の疲れをリセットすることに。

写真はホームページからお借りしました。

選んだのは空港直結のシェラトンホテルです。ここ、大正解でした。

JALが到着する2Eターミナルからカートに積んだ荷物を押して、5分くらい歩けばもう到着です。そして翌朝出発のビルバオ空港行の2Fターミナルも、同じく歩いて5分です。

こちらのホテル、2Eターミナルと2Fターミナルが交差する場所に位置しているんです。2Fターミナルはエールフランスのメインターミナルですから、JALから エールフランスでヨーロッパ各地に乗り換えの人にとっては本当に便利です。

しかも飛行機好きの人には、目の前に飛行機の離着陸を見ながらの滞在は旅の途中の経由地といえど、テンションが上がります😁

そんな便利なホテルだったのですが、チェックインの時に問題発生❗

数ヶ月前にネットのホテルサイトを利用しての予約だったのですが、「あなたの予約はありません」とフロントの人に言われたんです。ちょっと焦りました💦

でも、こちらもこんなトラブルくらいでは負けない修行はやっています。

携帯のメールを見せて、しっかり文句言いました。なにしろ支払いも、もうとっくに終わっているんです。あっちこっち確認してなかなか進まないフロントに、(まあ、フランスですからね~)「80歳過ぎた高齢の母が疲れているから、ともかく早く休ませて😡」と強く主張してやっと部屋に案内してもらうことに・・・。

案内された部屋に入ると、嬉しい驚き。異常に広い❗これ、私が予約した部屋とは明らかに違います。

やった~😆ちょっと不愉快な思いはしたけど、女3人。一晩ゆったり過ごせました。

翌朝は7:55発のスペイン ビルバオ空港行。のんびり7時過ぎに部屋を出ても余裕です。ホテル内にも出発・到着案内の電光掲示板があるので、もしも出発が遅れるようならそれまでホテルで待機することもできます。

なにが起こるかわからないのが、海外旅行です😅今回はそんなトラブルには巻き込まれませんでしたが、特に高齢の母を連れての旅だと、いろいろなことを想定していた方が安心です。

そんなやこんなで、ごめんなさい、まだ本格的な旅が始まりません💦

 

 

このブログをシェアする:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください