サン・セバスチャンの宿

サン・セバスチャンで私達が泊まったのは、旧市街の小さなホテル(Pensión Balerdi)でした。バルがすぐ隣にもあり、人気のバルがたくさんある通りも歩いて5分の抜群のロケーションです😋

こちらの宿はアパートのワンフロアを使った民宿のようなことろですが、フロントには常にスタッフがいました。チェックイン時間より早めに到着しても、荷物も預かってもらえたので、とても助かりました。

アパートタイプの宿を選ぶことが多い私達ですが、フランスではめったに駅にロッカーなんてないので、現地に到着後荷物をどうするかはいつも悩みの種なんです😫

スタッフ?オーナーでしょうか?はとってもフレンドリー。フロントにはいろいろな情報も書いてありました。WiFiもバッチリです。

部屋からはサン・セバスチャンの台所、ブレチャ市場が目の前に見えます。

市場も覗いてみました。

外には野菜のスタンドが並んでいます。

常設の食料品のお店は、なんと地下にありました。

生ハムがどこもずらりと並んでいました。スペインの生ハムは油よけなのか傘のようなものがぶら下がっています。

魚介類だって充実しています。ピンチョにも海の幸はたくさんありました。

こんな人通りが多い場所なのに、部屋では静かに休むことができました。とってもリーズナブルだし、おススメの宿です。

このブログをシェアする:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください