サルラ・ラ・カネダの宿

ドルドーニュ地方に友人と行ったドライブではサルラ・ラ・カネダ(Sarlat-la-Canéda)に1泊しました。

この町を訪れるのは2回目。前回は数時間立ち寄っただけでした。(そのときの記事はこちら

宿泊したのはサルラの町から小高い丘に登ったところにある小さなホテル(Hotel Maison des Peyrat)です。ホテルの表示でしたが、家族経営でシャンブルドットと言った方が良さそうなところでした。

ここ、14世紀に流行したペストの患者さんを隔離するための病院?療養所?だったそう。そう聞くと、ちょっと病院だったような造りです。

今は自然に囲まれた良い場所です。こちらは宿の裏側です。

お部屋はシンプルです。でもフランスの田舎のお家に遊びに来ました、って感じで私は普通のホテルより、こういったところの方が好きなんです。

このお部屋はメゾネットタイプになっていて4人まで泊まれます。

お庭にもたくさんベンチや椅子が置いてあり、ゆっくりくつろげるスペースもあります。

私達は1泊だけの滞在でしたが、1週間くらいのんびりいいだろうな~。

このブログをシェアする:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください