クレープの日

2月2日はフランスでは聖燭祭せいしょくさい《シャンデレール 》と呼ばれる日です。別名《クレープの日》

この日はイエス様が誕生した日から40日目に神殿を訪れたことを祝うキリスト教の祝日。
そんな日に何故クレープかといえば、イエスキリストは世の光であるから、光を連想する丸いクレープを食べる。その昔、巡礼者にクレープを振る舞ったから、など諸説あるようです。

起源はともかく、この時期スーパーなどでも《シャンデレール 》関係の商品がたくさん並びます。

こちらはクレープ用のフライパン

フランス人の大好きなヘーゼルナッツチョコクリームのヌテラやジャム、クレープ生地の材料の牛乳や卵なども並べられてます。

家で作るのが面倒な人向けには出来合いのものも

その場で焼きたても売っています。

私達も1日早い、2月1日に友人に誘われて《クレープフェテ》に参加しました。
私も自宅で焼いて持って行きます。

クレープを焼くときは左手にコインを握り、右手に持ったフライパンで下に落とさず、シワもなく上手にひっくり返す事が出来たら、その年は幸運が訪れると言われているそうです。

そんな器用な事、出来ません😨

手持ちのフライパンが悲しくなるほどボロボロで細心の注意をはらって破けないようにひっくり返すのが精一杯。

フランスではシンプルなクレープが主流、持ち寄ったクレープに各自が好きなものをサッと塗って出来上がり。

お供はリンゴからできた発泡酒のシードルやワインです。

お腹いっぱいクレープをいただいて、夜の道をお散歩しながら帰りました。

なんと、見上げた空には、クレープみたいに

まあるいお月様

 

こちらもクリックお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください