ガレット・デ・ロワ

1月6日は公現祭の日。フランスではこの日には《ガレット・デ・ロワ》を食べる習慣があります。
私は日本にいた時から《ガレット・デ・ロワ》が大好き。パイ生地とアーモンドクリームのコンビネーションがたまりません  😛

この日を待っていました!

早速、ボルドーで私が一番のお気に入りのケーキ屋さんへ。ところがここには《ガレット・デ・ロワ》は置いてありませんでした。
日本ではケーキ屋さんで買うものと思っていましたが、こちらではパン屋さんで買うのが一般的のようです。後でわかったのですが、ケーキ屋さんでも扱っているお店もありました。

右側にあるのが《ブリオッシュ・デ・ロワ》フランス南部ではこちらの方がメジャーです。ボルドーでもこのタイプを多く見かけました。ブリオッシュ生地にパールシュガーがかかっています。私はこのお砂糖掛けは苦手 😕

どちらも中にはフェーブと呼ばれる陶器のお人形が入っています。これがあたった人はその日一日王様になれるというもの。もちろん、王冠も必ず付けてくれます。

既に私がゲットしたフェーブ達です 😆

《ガレット・デ・ロワ》は1月6日に食べると書きましたが、実際にはノエルが終わったら売り出すお店もあり、1月いっぱいは扱っているところが多いようです。学校や、職場、いろんなところでみんなで食べます。お値段も結構するし、この時期の稼ぎ頭の商品のようです。

とは言えここはフランス。紙袋にドサッと入れてくれる事が多いです。


クリックお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください